東高円寺のボクシンングジム – GOPANDA GYM

03-5913-8485
 

営業時間:平日13:00~22:00 土日祝15:00~21:00(水曜定休)

BLOGブログ

> BLOG > 内臓をメンテナンスしよう③

内臓をメンテナンスしよう③

2022.01.09

最近、引っ越しをしました!

新しく住む家を探すとき、皆さんはどんな条件にこだわりますか?

家賃が安い、初期費用がかからない、部屋が広い、駅が近い、築年数が浅い

などが一般的でしょうか。

さらにこだわるならスーパーが近い、駅までの道が明るいとかもありますね。

 

まぁ、人それぞれのライフスタイルに合わせてこだわりがあると思うのですが、

駅からの道が平坦だと楽ですね!

自転車に乗る場合でも坂があると逆に負荷になってしまう……。

そんなことを言いながら、今回選んだ家は坂を一つ越えた先になります😇

 

自転車をひきながら坂を上ると、息は切れるし、心臓はバクバクです。

(それなりに運動してはいるんですけどね!)

 

内臓の中でも命に直結するイメージがあって大切な心臓。

さらに呼吸の働きをつかさどる肺。

この二つの機能をメンテナンスすることは非常に大事ですね。

 

というわけで、今回は心肺機能の改善について考えていこうと思います。

 

肺・心臓の働きを合わせて心肺機能

肺から取り入れた酸素を含む血液を送り出すのが心臓です。

心臓と肺のコンビが細胞や組織に酸素を供給する能力を「心肺機能」といい、

体重1kg当たり1分間に取り込める酸素の最大値(最高酸素摂取量)で評価します。

 

この「最高酸素摂取量」が高い人ほど病気の発生率が低いというデータもあるそうです。

心臓と肺を健康に保つことで、日常生活もスポーツも長く楽しめますね!

下半身にある2つ目のポンプ

四足歩行の動物では血液の約70%は心臓から上にあります。

しかし、2足歩行の人間の場合には反対に血液の約70%は心臓の下にあります。

 

心臓はポンプに例えられますが、

本物のポンプのように液体を吸い上げる機能は備えられていません。

 

それでは、心臓より低いところにある70%の血液を

どのようにして心臓に戻しているのか?

 

そこで活躍するのが下半身の筋肉ポンプです👣

下半身の筋肉は収縮するたびに周囲にある静脈を圧迫して、

乳牛から乳を搾るように、血液を上へ上へとリレー形式で押し上げます。

(ミルキングアクションというそうです🐄🐄)

筋肉が弛緩しても血液が逆流しないように、静脈には弁があり、

弛緩時には閉じる仕組みになっています。

運動が終わった後にウォーキングなどのクーリングダウンを行うのは、

筋肉ポンプを動かして運動で溜まった老廃物や疲労物質の排泄を促すためでもあります。

 

クーリングダウンをさぼると、老廃物や疲労物質が下半身に滞り、

疲れを残すことにつながります……。

 

ちなみに!運動不足だと、下半身の筋肉は30代以降、

1年ごとに1%ずつ衰えていくといわれています。

ランニングや筋トレで下半身の筋肉ポンプを鍛えることは間接的に、

心肺機能を向上させることにもつながっているのです💗

 

動脈硬化の元と戦う!!

心臓自体が丈夫でも、動脈が弱いと結局ダメ……。

え、ダメな動脈とは??

 

年齢を重ねると本来は柔軟なはずの動脈が硬く、脆くなっていく。

これが動脈硬化と呼ばれる症状です。

血液中の過剰な脂質などが動脈壁の内側に粥状になってくっつく状態、

「アテローム硬化」が発端になります。

 

アテローム硬化を起こす脂質の代表が有名な「コレステロール」です。

コレステロールは動物性の脂肪にだけ含まれます。

その合成や分解を行う中心の組織は肝臓です。

約80%は肝臓で合成され、残りの20%を食事から摂取します。

文字通り「水と油」の関係にあるコレステロールと血液は、

そのままでは馴染まないため、タンパク質と結合して体内を移動します。

 

・肝臓→各組織に必要なコレステロールを運ぶのがLDL

・各組織→肝臓へと不要になったコレステロールを戻すのがHDL

と言います。

LDLの数値(=コレステロールの供給率)が高くなると、

血液中のコレステロールが過多になるので、乱れた状態となります。

 

さらに、LDLは酸化されやすく、酸化したLDLを血管壁に潜む、

マクロファージが取り込むと、アテローム硬化が始まります。

 

動脈硬化は基本的に自覚症状がないので要注意です。

心臓の血管で起きると心臓病になり、生命にも関わる辞退なので、

健康診断でコレステロール値をしっかり計るとともに、

日々の食生活にも気を付けて健康を維持するようにしましょう!!

腹囲に注目して内臓脂肪を増やさない

コレステロール値に注意してみていくとともに、

見た目で分かりやすいのは、なんといってもお腹周りですね。

メタボという言葉が市民権を得て長くなりましたので、

体型を気にする方も増えていると思います。

 

昔から言われている通り、内臓脂肪が増え肥満気味になると、

心臓病の発症率が高くなるのはご認識の通りです!

体重計に乗ったり、鏡で自分の身体を定期的に見ることも大事ですね。

 

年末年始は健康が乱れやすいです!

健康には適度な運動と適切な食事、身体の状態を意識することが大事!

ゴーパンダジムで身体を動かして健康になる習慣を身につけましょう🐼

 

🐼ゴーパンダジムの営業時間は、平日 13:00~22:00/土日祝日 15:00~21:00🐼

※10月1日から土日祝日の営業時間が変わりました!!!

関連記事一覧

トップへ戻る